勝浦の朝市
 
 勝浦の朝市は、石川県の輪島・岐阜県の
高山と並ぶ「日本三大朝市」の一つです。
その歴史は古く、天正の時代から現在まで
400年余りの歳月を数えます。
 近隣の農家から採れたての野菜や果物、
漁港からは水揚げされたばかりの魚介類が
運ばれて来ます。その他にも四季折々の
品々、工芸品なども小さな店先にところ狭しと
並べられます。
 

朝市風景
 

地図準備中

1-15

16-31
月の前半と後半とでは
開催場所が異なります。

編集中です。

観 光